他を寄せ付けない足の疾患数、年間述べ6053件の施術実績(一般的な治療院の約8倍)

お客様の笑顔のために
都内6店舗 足改善グループ
総院長 内村 大輝

渋谷足改善センターは外反母趾をはじめとする足の専門店です。一般的な病院や整骨院などでは外反母趾の“痛い部位や変形した部位にフォーカス”したマッサージやテーピングなどの対処的施術を行うことが多いですが、私達は早期根本改善をモットーに、痛みや変形がある足だけでなく、内臓や脳疲労も視野に入れ手技で全身のバランス手技で整えます。また、活動性(スポーツ・子供・高齢者・職業・生活習慣)に合わせて整体しますので、外反母趾・内反小趾・へパーデン結節・モートン病・開帳足等どこでも、満足出来なかった方は、変形がひどくなる前に私達にお任せ下さい。

専門店だから安心してご来店頂ける外反母趾の痛み・変形の改善実績多数

外反母趾80代 女性痛くて夜も満足に眠れなかった足の痛みが無くなり感謝!

  • ビフォービフォー
  • アフターアフター

外反母趾からくる足の変形と腫れで夜も眠れないくらい痛みがありお世話になりました。
足の痛みは病院でも血液をサラサラにする薬を処方されましたが、症状は一行に好転する気配がありませんでした。浮腫みや変形が強いので初回の施術では痛みがありましたが、むくみが取れてくると痛みが減り、それと比例して夜の足の痛みも無くなりぐっすり眠れるようになりました。

※結果には個人差があります。個人の感想のため成果を保証するものではありません。

外反母趾50代 男性腫れて痛みがあり、数日後のプレゼンで困ると思ったのですが何とかなりました。

  • ビフォービフォー
  • アフターアフター

外反母趾の変形と痛みがあり、以前より整骨院でテーピングなどの処置を受けていましたが改善せず、ある朝突然起きてみたらパンパンに足が腫れていました。痛くて普通に歩けないし、一週間後に全社員の前で挨拶をしなくてはいけないのでまずは普通に歩けるようになりたいと思って伺いました。
施術を受けると原因は内臓にあったらしく、施術を受けその日のうちに痛みが半分くらいになりました。3回ほどの施術でほぼ痛みが無くなり無事、社員の前でのプレゼンも大丈夫でした!

※結果には個人差があります。個人の感想のため成果を保証するものではありません。

外反母趾をはじめとする足のお悩み専門の渋谷足改善センターでは整体を受けられた方の約80%が「えっ〜!?こんなの初めて!」と驚く独自の手技で、東京渋谷の病院や整骨院で良くならず、もう手術しか無いと言われた重度の外反母趾や強剛母趾、内反小趾、へパーデン結節、モートン病、開帳足、ハンマートゥ(つちゆび)、巻き爪、扁平足、浮き指など沢山の足の悩みを足や指だけでなく内臓や脳疲労も視野に入れ、スポーツ・子供・高齢者・職業に合わせて体全身のバランスを整えることで早期根本改善してきた、専門店ならではの実績が多数あります。

「私のような外反母趾も足の整体で本当に良くなるの?」と不安な方は、あなたと同じような足・爪の痛みや変形で悩んでいた方の口コミや改善事例を御覧ください。

ビフォーアフター症例集

アクセス

東京都渋谷区3丁目18番6号 Ando Building 2階
JR渋谷駅(C2出口)徒歩50秒!
院の雰囲気

こんな悩みがあるのなら渋谷足改善センターに一番最初にご連絡ください!

こんな悩みがありませんか
  • 扁平足が原因?このまま変形が強くなるかと思うと不安
  • 何もしなくても足の親指がジンジンする
  • 注射も効かなく整形外科では手術を勧められたが嫌だ
  • 外反母趾のせいでヒールやパンプスでお洒落ができない
  • 外反母趾の痛みだけでなく、膝や腰まで辛く仕事に支障がある
  • テーピングやインソールで誤魔化すのはもう限界
  • 見た目が嫌!この先もっと悪化するのかと思うと不安

外反母趾で凄く悩んでいるけど・・・

  • 他でダメだったのに本当に良くなるの?
  • どこに行ったら良いかわからない
  • 歩けなくなる前になんとかしたい!

そうお考えでしたら安心して外反母趾専門の私達にお任せ下さい。

外反母趾とは?

外反母趾とは?

外反母趾とは、第1趾(足の親指)が第2趾(人差し指)の方へ“く”の字に曲がり、変形してしまっている状態のことを言います。人によって症状は様々ですが、親指の付け根に痛みがでたり、痛みで歩き方がおかしくなったりすることもあります。

原因も様々でパンプスなどの先の細い靴を長時間履く仕事や、畳から椅子とテーブルへの生活習慣の変化、遺伝的要素で筋肉や靭帯が弱く関節と筋肉がアンバランスになりやすいこと等が一般的な原因としてあげられます。加えて、関節リウマチの合併症として関節が破壊されることで症状が現れることもあります。

昔は長い時間靴を履くことが多い欧米様式の生活に伴う足の病気と言われていましたが、近年では文化の変化に伴い日本でも増加しています。ですので“外反母趾は足の病気”という認識が少しずつ一般化してきていますが、実際に外反母趾になっているにも関わらず、自分では気づかれない方も多いです。

今後は、高齢化や生活習慣の欧米化と共に、外反母趾を始めとする“足の病気”が増加し、それに伴い、手術を必要とするような強い変形を起こしてしまう方も増えるでしょう。しかし、手術をしても身体のバランスや歩き方などを改善しなければ再発することもあり、それを防ぐ為には根本的な改善が求められます。。

外反母趾に似た病気

強剛母趾(きょうごうぼし)
外反母趾の次に多い母趾(足の親指)の病気です。強剛母趾は、親指の付け根に繰り返しストレスが加わることで、関節の軟骨が擦り減ってしまい、骨同士が擦れ合うことで炎症を起こして痛みが生じると言われています。ひどくなると骨棘という骨の変形がおこり、歩行はもちろん足をついただけでも痛いといった症状が起きてしまいます。片側だけに症状が出る事が多く、歩行や裸足での立ち座りをするときに親指を反らす動きで強い痛みが出ます。
内反小趾(ないはんしょうし)
足の第5趾(足の小指)が第4趾(薬指)側に曲がってしまう病気で、実は男女ともに外反母趾よりも多い足の病気です。小指の曲がった部分に繰り返しストレスがかかることで炎症を起こしたり、胼胝(タコ)や鶏眼(ウオノメ)ができたりすることがあります。
意外と知られていないのが、小指が変形すること体のバランスが変わり、OX脚、膝痛、股関節痛など2次的な足の病気を引き起こすということです。
内反小趾になる原因はヒールの高い靴や先端が極端に細くなった靴、自分に合っていないインソールや靴下、歩き方の悪さが多数を占めていると言われています。
モートン病
足指の間を通る神経がなんらかの外力で圧迫されることで起きる神経障害です。ピリピリとした痛みが足先に走ることで気づく人が多いです。足の機能低下や靴などで圧迫されることで指の付け根がコブのように膨らみ、ピリピリとした痛みだったのがひどくなると焼けるように痛んだり痺れたりすることもあります。骨に変形が起こることは少なく、レントゲンを撮っても診断が難しい症状と言われています。女性に多く、ハイヒールを良く履く人やつま先立ちの体勢が長く続く人の中指と薬指の間に多く発症します。

なぜ!?渋谷足改善センターでは たった30分の手技で 驚くほど楽になるのか?

早期改善を目指した根本原因の把握と専門店ならではの理論

渋谷足改善センターでは外反母趾・強剛母趾・内反小趾になった根本原因を独自の検査で把握することで早期根本改善を目指しています。実は、外反母趾等の痛みや変形には「2つの原因」があります。

1つ目は直接的な原因と言われるもので、ハイヒールや幅の狭い靴を履く(昔履いていた)、激しいダンスのトレーニング、合わない靴を長時間履いたり、手術をしてメスを入れたり、足の打撲など、いわゆる「外傷」と呼ばれるものです。

約10%の外反母趾・強剛母趾・内反小趾がこれに当てはまります。

外傷

※得られる結果には個人差があります

外反母趾の90%は「脳疲労」が原因!?

今まで焦点を当てられなかった脳疲労に着目した外反母趾整体

2つ目は間接的な原因と言われるもので仕事や電車移動など日々の疲れ・精神的ストレス・食べ過ぎ・睡眠不足などの積み重ねによる「脳疲労」によるものです。

通常は筋肉や内臓に司令を出している脳に疲労が溜まると、脳は体を休息モードにします。理想は、脳の指示に従い十分な休息や睡眠を取ることなのですが・・・

理想 間接的な原因

現代人の悲しい現実

現実は、疲れたからといって仕事や学校を急に休むことは難しいですよね?本来休むべきときに休めないので脳疲労はどんどん蓄積していきます。
それどころか、ストレス発散のためお酒を飲んで内臓に負担をかけたり、運動をしたり、遊びに行ったりします。

足・足指の筋肉や内臓を動かしているのは脳なので、その脳が疲労の溜まった筋肉や内臓を休ませようと司令を出しているのに無視して頑張らせると、普段負担をかけている足・足指や内臓に血液が行き届かず栄養・酸素不足で寝ても回復しきれなくなります。例えば、

内臓が原因の外反母趾・強剛母趾・内反小趾
内臓が原因の外反母趾・強剛母趾・内反小趾
腰の疲れが原因の外反母趾・強剛母趾・内反小趾
腰の疲れが原因の外反母趾・強剛母趾・内反小趾

といった具合で症状が出ます。いわゆる、ブレーキを踏まないといけないときにアクセルを踏んで故障しているような状態です。

信じられないかもしれませんが、
約90%の外反母趾等の足の病気は「脳疲労」が原因で、足の指に問題があることは極わずかです。

現実 間接的な原因

実際は、外反母趾・強剛母趾・内反小趾の直接的な原因になる「外傷」と、間接的な原因になる「脳疲労」どちらか片方だけが原因となることは少なく「昔、部活で足を捻挫したことがある。ヒールやパンプスをよく履いていたし、立ち仕事で最近忙しい上に人間関係のストレスが絶えず、暴飲暴食で内臓が疲れて・・・・」といった感じで原因が混合していることが多いので、独自の検査で早期改善の為に一番重要な根本原因を探ります。

原因が分かればあとは簡単です!そこを一つ一つ丁寧に手技で改善していけば、30分という短時間(片足30分・両足60分)でも外反母趾・強剛母趾・内反小趾は早期改善します。

※得られる結果には個人差があります

渋谷足改善センターの施術の流れ

渋谷足改善センターの施術の流れ

どこでも、満足できなかった方達に外反母趾の悩みで選ばれ続ける5つの魅力

選ばれ続ける魅力 1プロスポーツ選手や芸能人も数多く来店する技術力各種マスコミが22回も取材した日本初の足専門整体院グループb>※2021年4月現在

各種マスコミが22回も取材した日本初の足専門整体院グループ

  • 2020年7月20日 ももち浜ストアに足の専門家として出演しました
    2020年7月20日 ももち浜ストアに足の専門家として出演しました
  • KBCアサデス 大人にも異変急増する外反母趾
    KBCアサデス 大人にも異変急増する外反母趾
  • 元プロ野球 城島健司選手
    元プロ野球 城島健司選手
  • KBCドォーモ
    KBCドォーモ
  • 情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA‘16 で藤井尚之(元チェッカーズ)さん等出演者の施術
    情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA‘16 で藤井尚之(元チェッカーズ)さん等出演者の施術
  • WBC女子世界ミニフライ級・アトム級ユース王者 黒木優子選手
    WBC女子世界ミニフライ級・アトム級ユース王者 黒木優子選手
  • 2019年3月19日 長崎市民FM 浜ジョーと浩子クレメニアの「ホシノヒカリ」
    2019年3月19日 長崎市民FM 浜ジョーと浩子クレメニアの「ホシノヒカリ」
  • 2017年10月2日 FBSにて武藤院長が取材されました
    2017年10月2日 FBSにて武藤院長が取材されました

雑誌やメディア

全てのメディア出演を見る

選ばれ続ける魅力 2代表は全国の整体師600人以上を指導する足のスペシャリスト手術に踏み切る前に専門店にお任せ下さい!

手術に踏み切る前に専門店にお任せ下さい!

足は第二の心臓と言われるくらい大切な部位ですが、欧米とは異なり日本には専門的な病院や専門家が少ないです。渋谷足改善センターの代表は、その数少ない専門家の一人。

600人以上の整体師に指導し、同業者からも施術をお願いされる足のプロフェッショナルが開発した外反母趾専門整体だからこそ、他店で断られた症状でも最短で結果に繋げるのは勿論、安心・安全に施術を受けて頂けます。

※得られる結果には個人差があります

選ばれ続ける魅力 3足だけでなく内臓や脳疲労も視野に入れ全身のバランスから外反母趾を整える整体

全身のバランスから外反母趾を整える整体トントン療法商標登録証

あなたはこんな話を聞いたことがありませんか?

  • 力強いマッサージや、ボキボキ矯正
  • 足に電気を当てたり注射されたりした
  • 巻き爪や外反母趾で手術した
  • インソールやテーピング

東京渋谷区の一般的な病院・接骨院・整体院では、痛みや変形がある足・脚・爪に対して上記のように直接施術(対処的施術)を行うことが多いです。多くの場合、強刺激or根本改善ではないので“もみ返し”や“再発”の可能性が高く「その時はよかったけど・・・」と渋谷足改善センターに来店された人から良く聞きます。

実は、外反母趾の痛みや変形は足の指に原因があることは9割以上ありません。(外傷以外)多くは、食べ過ぎ飲み過ぎ等による内臓疲労や、精神的ストレスなどの積み重ねによる脳疲労など、症状がある部位以外の場所に本当の原因が隠れているので、渋谷足改善センターでは痛みや変形のある部位だけでなく必ず全身の施術を行い、血液・リンパ・脳脊髄液の流れを効果的なタッピングで促進させ、自然治癒力を高めることで早期根本改善を目指します。

どんな施術をするか詳しく知りたい

※得られる結果には個人差があります

選ばれ続ける魅力 4「思っていたのと違った!」とならない為の15分の特別なカウンセリングと検査

15分の特別なカウンセリングと検査

足は全身の4分の1に当たる大小52個の骨で構成される精緻な器官です。渋谷足改善センターでは外反母趾・内反小趾の早期根本改善のため、痛みや変形がある部位は勿論、活動性(スポーツ・子供・高齢者・職業・生活習慣)に合わせて専門的な検査を行います。

また、クライアントの人には言いにくい本音や、なりたい目標をお話して頂くために丁寧にヒアリングや確認を行い、最終的なゴールのイメージをお互いに明確に共有することで、「思っていたのと違った・・・」ということが極力無いようにしています。

そして、技術的に出来ないことは出来ないと最初に正直にお伝えし、渋谷足改善センターで何か改善に向けて出来ることが見つかれば、私達から逆に提案させて頂きますので、外反母趾・内反小趾以外の問題が解決することも多々あります。

お約束
専門家として外反母趾・強剛母趾・内反小趾の痛みや変形を解決する為の理想の通院頻度や期間の提案はしますが、予約の強要はしていませんのでご安心ください。

※得られる結果には個人差があります

選ばれ続ける魅力 5整体院を卒業するための体操・体幹トレーニングを指導質問はLINEで何回でも無料でお答えします!

質問はLINEで何回でも無料でお答えします!

渋谷足改善センターのポリシーの一つに、「整体院にずっと通う」のではなく「早く卒業して頂く」というのがあります。

そのためには、生活習慣をオーダーメイドで徹底的に見直すことが重要です。一人では管理や継続が難しい日常の姿勢や癖の修正は勿論、運動、食生活について、来店後もプロフェッショナルがLINEで24時間専属サポートします。

また、望まれる方には、独自の体操や体幹トレーニングで姿勢や軸を整えた上で、正しい歩き方や効果的な身体の使い方も指導していきます。

そうすることで、自分の体に対する意識が変わり、外反母趾・強剛母指・内反小趾だけでなく、肩こりや腰痛等にもなりにくい体になってきます。他にも歩行や運動を思いっきり出来るようになったり、姿勢が美しくなったりと、嬉しい効果が盛り沢山です。

最終的に再発しない身体の基礎が出来上がり、安定したら卒業です♪ 

※得られる結果には個人差があります

靴やインソール選びの相談にも無料で応じますので、気になる方はご予約時にお申し付け下さい。

よくある質問

外反母趾グッズや手術との違い
渋谷足改善センター 一般的な手術事例 〇〇式テーピング
手での施術と手術とテーピングの違い
  • 施術料
    初回片足 5,000円
    2回目以降 8,000円
  • 8回~10回が目安
  • 当店に通うことで多くの場合改善することが出来ます。当日は足が軽くなってお帰り頂きます。
  • 手術費用
    片足で20万~30万円程度
    ※両足はこれに+10万円程度加えた金額に別途入院費用が掛かる事が多いです。
  • 片足は3~7日程度、両足で10日程度入院。
  • 手術は聞くところによると、かなりの痛みや苦痛を伴います。
  • 施術料
    片足・両足 5.900円
    2回目以降 14.500円
  • 3ヶ月以上を目安に通うことで改善
  • テーピングの固定が邪魔になることがある
術後の疼痛・腫脹 無い 術後一時的な痛み、腫れ、しびれなどが出る 無い
足の感覚 個人差はあるが好転反応が出る場合がある。マッサージ後のダルさような感じ 術後に創部の周囲の感覚が低下、最終的に触覚がやや鈍ることがある テーピングによる違和感
術後の出血 無い 出血がひどい場合もある 基本痛みはないが、かぶれたりすることがある
術後の痛み 根本改善により再発する確率が低い 手術後も痛みが再発する可能性がある テーピングを外すと痛みが再発する可能性が高い
学校や仕事
  • 休まなくて良い
  • 靴には注意を払う必要がある(外反母趾が改善していくとヒール等も履けるようになる)
  • 軽作業は術後2~3ヶ月程度で復帰可能
  • 通常の靴が履けるようになるまでには3~4ヶ月程度
  • 休まなくて良い
  • 定期的にテーピングを変える必要がある
麻酔 無い
  • 通常は全身麻酔と下半身麻酔を併用する
  • 術後の痛みコントロールの為に硬膜外麻酔といって痛み止めの細い管を腰に留置することがある
無い

※施術の効果や内容を確約するものではありません。

何回、外反母趾の整体を受ければよくなりますか?

理想の施術回数

渋谷足改善センターでは全ての患者さんに対して、外反母趾・強剛母指・内反小趾の悩みがある部位だけでなく、骨格、内臓、頭蓋骨、筋肉などのバランスを整え全身の血液・リンパ・脳脊髄液の循環を促し、身体が本来持つ自然治癒力を目覚めさせた後、細かい調整を行います。私達の経験上、個人差はございますが、回数にして約8回、期間にして1ヶ月間が痛みを取り除くおおよその目安になります。
(足指・爪の変形まで改善希望の方は約6ヶ月〜1年)

5年〜10年と年月が経っている慢性の外反母趾や外反母趾以外にも構造的に壊れている(前十字靭帯損傷、内・外側半月板損傷、内側側副靭帯損傷、等)症状がある場合。または変形している症状(重度の変形性膝関節症、重度の変形性股関節症、重度の巻き爪、体にメスを入れたことがある、持病がある、日常生活での負担が大きすぎる、等)も併発している。ではなく、短期的に起きた歪みや怪我、構造的ではなく機能的な問題の外反母趾であれば、ステップ1の段階で大方良くなります。

1回の整体で痛みやシビレが劇的に改善することはありますが、変形が綺麗に改善したり、再発しないレベルで良くなったりすることはありませんので予めご了承下さい。

また、痛み・シビレが無くなった後も一時的な効果でなく、一生健康に過ごす為には、生活習慣の改善と共に体幹の安定を始めとする正しい身体動作を取得して日常を過ごして頂く必要がありますので、基本的には3ヶ月〜12ヶ月間を目安に整体や身体操作指導を受けることをお勧めします。

その後は、結果に満足した時点で施術を終了して頂いても構いませんし、bestをキープするためにご自身の生活スタイルに合わせて月1〜2回のメンテナンス(自分の体の状態の確認等)に来店されても良いです。あなたの目標に合わせて自由にご来店下さい。

※上記は今までの経験上の統計的判断です。実際にカウンセリングを行った上で検査や整体をしていないので、現時点では正確な判断が難しいです。正確な通院回数は来店時に責任を持ってお伝えしています。個人差はございますが、1回の整体で多くの方は効果を実感して頂いていますのでご安心下さい。

どうしても、事前に何回で良くなるか知りたい方はLINEの無料カウンセリングをご利用下さい。

何回で良くなるか事前に先生に判断して欲しい方へ

私の足の悩みは良くなるのかな?どれくらい時間がかかるのだろう?

先生に直接私の足・爪を見た上で判断して欲しい!という方は気軽にLINEの無料写真カウンセリングをご活用下さい。

LINEの無料カウンセリング

※LINEカウンセリングは1営業日以内に必ず返信させて頂きますが、万が一返信がない場合はお手数おかけいたしますが「写真の件で・・」とお電話下さい。
※写真で判断がつきにくい症状もございますので、予めご了承下さい。

どのくらいの頻度で通えば良いですか?

理想の通院頻度

最初の1ヶ月間は血液・リンパ・脳脊髄液の循環を促進することで体を回復しようとする力を目覚めさせたいので、外反母趾・強剛母指・内反小趾等の症状により異なりますが(O脚等は週1回、巻き爪等は月1回)理想は週2回ペースでのご来店です。ステップ2の段階に入ると、根本的な原因へのアプローチや、深い部分に対する循環の改善になってくるので週1回のペース。ステップ3の段階になれば、渋谷足改善センターを卒業される方もいますが、定期メンテナンス(自分の身体の状態の確認や癖の改善)として月1〜2回来られる方も多くいらっしゃいます。

※上記は私達の経験上の統計的判断です。実際にカウンセリングを行った上で検査や整体をしていないので、現時点での正確な返答が難しいのが本音です。正確な通院頻度は来店後に責任を持ってお伝えしています。個人差はございますが、1回の整体で多くの方は効果を実感して頂いていますのでご安心下さい。

料金形態が気になりますがお得に通える制度はありますか?

ご都合に合わせてお得に通えるプランを複数ご用意しています。外反母趾矯正コースの施術終了後に個人に合わせた最適なプランを提案いたします。掲示されている以上の料金は一切かかりませんし、売り込みは絶対にしないという方針ですので安心してご来店下さい。

忙しくて定期的に足の整体に行けないのですが大丈夫でしょうか??

外反母趾・強剛母指・内反小趾等の回復を考えると定期的にご来店頂くことがベストですが、仕事などが忙しくて月に1〜2回しか来店出来ない方には、通常片足30分の施術を60分(2枠)頂いて集中的に施術するプランがあります。また、県外から来られる方にはホテル等に宿泊して頂き、1日2〜3回施術を受けて頂くことも可能です。集中施術プランで来店の方にも実際に変化を感じて頂いていますのでご安心下さい。
※足の状態によりお望みに答えるのが不可能な場合もございますので、まずはお電話でご相談ください。

私のような足の痛みや変形でも解決しますか??

よく来院される症状

外反母趾・強剛母指・内反小趾をはじめ、多くは上記のような足・爪の痛みや変形の方が来店されています。「WEBには自分と同じ症状が無いですが、大丈夫ですか?」と聞かれることがありますが、渋谷足改善センターは足の症状の根本原因を独自の検査で見つけ出し、血液循環を改善する施術を行いますので、病院で原因不明と言われたような症状(出血している、ウイルス性の問題、ガン等の症状はお受け出来ません)でも幅広く対応しています。

「私のような足・爪でも大丈夫ですか?」「あまり時間がないのですが・・・」
など、不安な点や質問があれば、細かいことでもお気軽にお電話やメールで問い合わせ下さい。受付のスタッフで分かることはその場でお答えしますし、難しい症状に対しては院長から直接折返しのお電話やメールをさせて頂いています。

整形外科医や外反母趾の専門家が「渋谷足改善センター」を推薦しています

理事長 朝長 昭仁先生
整形外科医
医療法人社団 快晴会理事長 朝長 昭仁先生

ここまで正確に最先端医学を網羅した整体術は他には無いと言っても過言ではないでしょう。

代表 足神 功先生
日本フットケア整体業界
代表 足神 功先生

渋谷で外反母趾など足の不調でお困りの方は一番最初に相談してみてください。最短であなたの悩みを解決してくれるはずですよ。

院長 表 晋平先生
京都巻き爪専門院
院長 表 晋平先生

外反母趾の痛みでお困りの方は、ゴッドハンドで外反母趾の痛みから解放してくれますよ!。

全ての推薦の声を見る

アクセス

東京都渋谷区3丁目18番6号 Ando Building 2階
JR渋谷駅(C2出口)徒歩50秒!
院の雰囲気

私は足難民を救いたい!
日本人の約5人に1人は足の悩みを抱えています

院長 町田 晋太郎
新宿足改善センター
院長 町田 晋太郎

「一日でも早く外反母趾の痛みや変形を改善したい」
「病院で変わらないから他を探している」
「折角なら足専門の先生にみてもらいたい」

あなたはそう思ってはいませんか?

はじめまして。
足の専門整体院“渋谷足改善センター”院長の町田です。私達の信念は【最短で結果を出す】ということです。

病院等で改善しなくて来店された方に毎日真剣に向き合い研究を重ねた結果、足だけでなく内臓や脳疲労も視野に入れ全身のバランスから外反母趾を早期根本改善させる整体技術を生み出しました。

もしあなたが、上記のようなことを思い他で良くならなかったら
“歩けなくなる前”に早めにご来店下さい。

渋谷足改善センター
院長 町田 晋太郎(足の専門家)